心療内科で受ける吃音の治療|心と脳の強いつながりを然りと理解

癖を治す

血液

最近における様々な治療法

吃音を持つ方にとって、現代の社会は非常に暮らし辛い環境となっています。 日本では一般的に吃音は、緊張からくる「癖」のようなものだという認識が強く、 なかなか周囲の理解を得られません。 「焦らずに落ち着いて喋って」とか「ゆっくり話しましょう」などという偏ったアドバイスを 軽い気持ちでした人もいるのではないでしょうか。 以前はそういった認識から、心理療法が最適な治療法とされていました。 しかし殆どは、焦りや緊張から吃音が出るのではなく、どもってしまった事に 焦っている場合が多いのです。 今では様々な角度から研究が進み、治療・矯正に有効なものがたくさんあります。 一人一人の症状に応じた統合的な療法を用いて、治療することができるようになってきています。

柔軟性をもった考え方を

吃音の悩みはとても大きいものです。 他の人にはなかなか理解してもらえない、ということもあります。 中には心ない仕打ちを受けることもあると思います。 そんな中で、生きていくのは本当に大変です。 ですが、だからこそ自分の考えを強く持って生きていくことが大切になってくるのです。 しかし、自分の考えを強く持つことには注意も必要です。 一つの考えに取りつかれてしまい、柔軟性を失うことはよくありません。 できるだけ多くの人と付き合い、世の中には色々な生き方、考え方があることを知りましょう。 安心して何でも話せる家族や、友達がいれば精神的にも楽になると思います。 カウンセラーや言語聴覚士などの、専門家に相談するのも一つの良い選択です。